2008年09月20日

天晴君の命をつなぐ為のブログ


天晴−1.jpg


天晴君を救う会 http://www.tensei-aid.com/


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
応援クリックで見てもらう機会が増えます


こんにちは、

このブログは岩田天晴君という、
中学2年生の男の子の命を繋ぐために
募金活動応援の為に作ったブログです。


天晴(てんせい)君は「特発性拡張型心筋症」という、
移植手術以外に助かる方法が無い、重い病と闘っています。

この「特発性拡張型心筋症」とは、
子供では30万人に1〜2人が、
発症するといわれている



先天性でもなく遺伝性でもない、
予後の悪い難病に侵されていて、



天晴くんの命をつなぐためには、
心臓移植以外、治療法がありません。



日本ではドナーが不足していることから、
アメリカでの心臓移植を決意したのですが・・・。



この「特発性拡張型心筋症」という病気は、
左室あるいは左右の両心室の心筋収縮の低下と、
その内腔の拡大を特徴とする心筋の病気です。



こんな説明では、分かりにくいと思いますので、
もう少し分かりやすく説明します。



心臓と言うのは、血液の循環を行うための、
ポンプの役目をしているのは、皆さんもご存知かと思います。



心臓は右と左に分かれていて、


「左心室」「右心室」とあります。


この心室は「心筋」という心臓の筋肉によって動かされて、
左右でバランスを取りながら血液を循環させますが、



この病気は、この心室のどちらか一つ、
または両方の心筋の機能低下によって、
正常なポンプとしての役目を果たさなくなります。



つまり、生きる為に最も必要な、
血液を循環させることが出来ないわけです。



このまま放っておくと、
いつ死んでしまうか分からないほど、
死と背中合わせの病です。



一日でも早い移植手術が必要なんですが、
日本ではドナーが見つかる確立が非常に低いでのです。


天晴君を救う会
http://www.tensei-aid.com/

【関連する記事】
posted by ブログパパ at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの主旨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。