2008年09月21日

バチスタ手術


天晴−1.jpg


天晴君を救う会 http://www.tensei-aid.com/


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
応援クリックで見てもらう機会が増えます



■バチスタ手術

テレビドラマでも有名になったバチスタ手術、
ブラジル人のRandas J.V.Batistaによって、
1980年代に考案された心臓外科手術で、


直接肥大した心臓の左心房の3分の1程度を切除し、
心臓の形を整える治療法です。




正式には「左室縮小形成手術」と呼ばれています。


有効な点(心臓移植と比較して)は
患者自身の心臓を使い続けるので、


・心臓移植の最大の問題であるドナーの不足がまったく影響しない。

・15歳未満の患児に対しても行うことができる。

・免疫抑制剤による免疫力低下がない。

・医療保険の対象となっているため安価にすむ。


しかし、問題点もいくつか挙げられていて、

世界的に行われるようになったのは、
心臓移植に比べてごく最近のことなので研究が途上です。


手術後、左心房の再拡大が起こらない保証は無く、
また、起こるとしたらそれはどのくらいの期間をおいて、
起こるのかは未だ統計不足でわかりません。


非常に難しいためリスクが高い手術になります。


遠隔生存率が心臓移植に比べて若干低く、
バチスタ手術は現在も不確定要素の多い手術ですが、
心臓移植の代替手術としては有効という見解が一般的になっています。


日本国内では1996年12月2日に、
須磨久善医師によって初めて実行されました。


天晴君を救う会
http://www.tensei-aid.com/
posted by ブログパパ at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あたしも
「maaのはーとくん」
というブログで
このランキングに
参加させてもらっています。
あたしも拡張型心筋症で
2年前にバチスタ手術を
しました。
今でも病状の進行に合わせて
薬をかえたり入院や治療を
繰り返しています。
この病気のつらさが
わかるからこそ、
天晴くんが1日でも早く
移植を受けられるように
あたしも応援します
(`・ω・´)!
Posted by maa at 2008年09月22日 18:08
「maaのはーとくん」さん
コメントありがとうございます。

コチラからうかがったのですが、
携帯電話からしか投稿受付できないとのことですのでこのブログのコメント欄より
失礼します。

お体大切に頑張ってください。
Posted by 田舎のパパ at 2008年09月22日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。