2008年09月22日

遺伝子治療/心筋シート


天晴−1.jpg


天晴君を救う会 http://www.tensei-aid.com/


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
応援クリックで見てもらう機会が増えます


■遺伝子治療


現在は動物実験の段階で行われています。
ヒトへの治療が行われた症例は報告されていません。


特発性拡張型心筋症の先天的原因を、
治癒しようという試みをしているようです。


⇒この記事の続きを読む
posted by ブログパパ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

左室縮小手術


天晴−1.jpg


天晴君を救う会 http://www.tensei-aid.com/


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
応援クリックで見てもらう機会が増えます


■左室縮小手術
(Overlapping cardiac volume reduction operation)


バチスタ手術は遠隔心不全回避率が比較的低く、
術後3年後の心不全回避率は25%前後と報告されています。


原因として左心室を切除してしまうため、
心機能が低下してしまうためだといわれています。

⇒この記事の続きを読む
posted by ブログパパ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

補助人工心臓の使用


天晴−1.jpg


天晴君を救う会 http://www.tensei-aid.com/


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
応援クリックで見てもらう機会が増えます


■補助人工心臓の使用

これは心臓移植までの症状維持を目的とする埋め込みと、
心臓移植待機を目的とせず補助人工心臓を使い続けていく目的で、
補助人工心臓を埋め込む2通りの治療が行われています。


前者の心臓移植までのつなぎとして、
補助人工心臓を使用することは2004年に医療保険の適用となりました。


補助人工心臓を使い続けるという選択は、
主に高齢のため心臓移植手術やバチスタ手術に、
耐えうるだけの体力がない患者が選択している場合が多いです。


この補助人工心臓を使い続ける世界初の手術は、
1995年10月にイギリスで高齢のため、
移植手術を行うことが困難とされた患者に施されました。


天晴君を救う会
http://www.tensei-aid.com/

posted by ブログパパ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バチスタ手術


天晴−1.jpg


天晴君を救う会 http://www.tensei-aid.com/


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
応援クリックで見てもらう機会が増えます



■バチスタ手術

テレビドラマでも有名になったバチスタ手術、
ブラジル人のRandas J.V.Batistaによって、
1980年代に考案された心臓外科手術で、


直接肥大した心臓の左心房の3分の1程度を切除し、
心臓の形を整える治療法です。




⇒この記事の続きを読む
posted by ブログパパ at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内科的治療法


天晴−1.jpg


天晴君を救う会 http://www.tensei-aid.com/


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
応援クリックで見てもらう機会が増えます



内科的療法

近年、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、
アンジオテンシン受容体阻害薬、
ベータ遮断薬などが使用されて効果を挙げています。


遠隔生存率も比較的高いですが、


しかし、


体質・症状の進行状態により上記の薬が、
期待した効果を挙げない場合もあります。


また、進行を遅らせることしかできません。


posted by ブログパパ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特発性拡張型心筋症治療法


天晴−1.jpg


天晴君を救う会 http://www.tensei-aid.com/


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
応援クリックで見てもらう機会が増えます


■特発性拡張型心筋症治療法
1967年に世界で初めてヒトからヒトへの心臓移植が行われ、
現在では安定した成果を示しています。


特発性拡張型心筋症の根本治療としては、
現在は心臓移植しかないとされています。

⇒この記事の続きを読む
posted by ブログパパ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。